トップ > 研修プログラム > 管理職/店長研修





ロジカル・モチベーション研修(1日コース)



精神面の豊かさ+行動面の確かさ、そのバランスこそが相手を元気にし、元気
を継続させ、組織を活性化する最大のポイント



人が良いだけでも、頭が良いだけでも人はついて来ません。求められるのはバランス!
?いつでも部下をポジティブで元気にできる豊かな感受性(右脳型)
?目的や方法を的確に示して部下を納得させられる思考力(左脳型)
右脳で感じさせ、左脳で納得させる一連の手法を短期間で習得できます。



*部下の指導・教育に従事している方:管理・監督者等
*代理店・販売店等への指導業務に従事している方:営業担当者、スーパーバイザー等
 ⇒基本的に、年齢や階層、役職等は特に問いません。



午前:「右脳」で感じさせるモチベーション・アップ手法
1.モチベーションの必要性を肌で感じる仕組み
 (講義)人が元気になるメカニズムとは
 (演習)ネガティブな対応、ポジティブな対応

2.モチベーション・アップを効果的に進める手法

2-1 まずは自分自身がポジティブになる方法
 (講義)セルフ・モチベーションについて
 (演習)テスト・分析(モチベーションスタイル)
 (演習)自分が元気になる場面、目標像の具現化

2-2 部下や後輩をポジティブにする方法
 (講義)人がポジティブになる時の条件・状態とは
 (演習)部下・後輩のタイプ別、接し方・励まし方

●まとめ 人は考え方ひとつで元気に(生産的に)な
れる。相手の性格や常態に合わせ、より効果的な動機
づけが可能になる。
午後:「左脳」で納得させるモチベーション・アップ手法
2-3 組織内でモチベーション・アップを継続する
   仕組み作り<基礎編>
 (講義)プラス発想への転換手法
 (講義)キーワードの見つけ方、設定の仕方
 (演習)自社(自分)のキーワード作り

2-4 組織内でモチベーション・アップを継続する
   仕組み作り<実践編> 
 (講義)人に感動を与え、ポジティブにする
     ストーリー
 (演習)自社(自分)のストーリー作り


●まとめ ケネディー大統領の就任演説も、斎藤祐樹
投手の「何か持っている、それは仲間」のスピーチ
も、そして一般企業で成果を挙げた管理職の話も、人
の心を動かす原理は同じ。



ご相談に応じます。



まずは「人対人」で、相手をやる気にさせ、もし「なぜ、やらなきゃいけないの?」とい
う疑問を投げかけられても“納得がいく回答”ができる力量を身に付けていただきます。
次に「組織として」、管理職・リーダーが部下・後輩をいつでも動機付け、それを継続さ
せるためのノウハウを“共有できる仕組み作り”を行なっていただきます。




講師写真
占部 正尚
マーケティングオフィス・ウラベ
この講師の他の研修プログラム一覧
リーダーに求められる確かな判断力「意思決定力向上研修」
成果にこだわる『企画力向上研修』 (2日コース)
職場を元気に! ビジネス版:ペップトーク研修(半日コース)
営業力強化! 売るための発想・行動改善実践セミナー
ロジカル・モチベーション研修(2日コース)



同じカテゴリの研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
新着の研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット


-->

Copyright © 2006-2008 Consulgent. All Rights Reserved.
経営コンサルティング紹介エージェント 株式会社コンサルジェント