トップ > 研修プログラム > 若手・中堅社員研修





労務担当者のための『情報収集力』基礎講座



スピードと効率、そして正確性。



中・小規模企業の若手・中堅の労務担当者のための情報収集術です。
膨大な情報の中から「本当に仕事に必要なもの」だけを、
「早く、効率的に、正確に」手に入れる力を身につけていただきます。



受講対象:中・小規模企業の若手・中堅の労務担当者

※中・小規模企業を会員とする団体など。



プログラム
はじめに

・労務担当者にとって必要な『情報収集力』とは何か?
・ムダを排除した「収集」と「取捨」を行なうために

1、新聞からの情報収集

・労務担当者のための新聞記事の読みかた
・なぜ経済紙に頼りすぎてはいけないのか?

2、書籍・専門誌からの情報収集

・実務書は貪欲に読もう。ただし必携書を決めておけ
・労務専門誌の活用の仕方には2つの着眼点がある
・労働法に触れるにあたり身につけておくべき視点
〈program〉
3、WEBからの情報収集

・情報の信頼性を判断するための眼力の磨きかた
・分かりにくくて不親切な行政機関のHPから
             目的の情報を引き出す方法

4、行政機関

・労基署では顔を覚えてもらったほうが得
・「総合労働相談コーナー」は活きた情報の宝庫

5、その他
・社外セミナーに参加する際に心掛けたいこと
・社外の勉強会・交流会などの活用術
・非常時・災害時の社内外情報収集はこうやろう



100,000円  ※税別、交通費・宿泊費別
休憩や質疑応答を含めて2時間30分[150分]におさまるプログラムです。
定型的プログラムに沿った内容であれば上記の基本料金を超えることはありません。



正しい判断も“正しい情報”が入手できていればこそ。労務担当者には「自ら考え、判断
し、行動できる」ことが求められますが、その第一歩となるのが『情報収集』です。講座で
は、ごく日常的な業務に関する情報収集法について、ポイントを押さえて説明いたします。
実は災害などの非常事態の時も、普段の地道な情報収集力が問われるのです。




講師写真
須田敏裕
合同会社須田敏裕マネジメントオフィス
この講師の他の研修プログラム一覧
リーダー必見!労務トラブル防止、これだけは知っておこう。



同じカテゴリの研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
新着の研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット


-->

Copyright © 2006-2008 Consulgent. All Rights Reserved.
経営コンサルティング紹介エージェント 株式会社コンサルジェント