講師をお探しの方

  • 講師の探し方
キーワード検索
  • 絞込み検索
  • 全講師への公募
  • エージェントに選定依頼
  • ユーザー会員登録(無料)
ID
パスワード

次回から入力を省略

ID・パスワードを忘れた方

講師の方

  • 研修堂の使い方
  • 講師会員登録(無料)
ID
PW

次回から入力を省略

ID・パスワードを忘れた方

お勧めコンテンツ

  • メールマガジン
  • 社員研修プログラム
  • 研修施設
  • 研修サポート
  • 研修会社関連リンク集
  • 相互リンク集
  • 広告のご案内
  • 中村天風 珠玉の名言名句を持ち歩ける絶賛のダイアリー、2017年版!
  • 「全国経営者セミナー」厳選20タイトル収録講演CD・講演DVD
  • 経営コンサ・E織鵐斑気靴侶弍墜・ width=
  • 広報ブ・前
  • スタッフブ・前
  • 経営コンサ・E織鵐汎販・・塙嶌臓Ч嶌腺VD
  • コンサ・E織鵐肇屮繊 width=
  • おすすめビジネス本書評
  • チャイナプ・糎ェクト

お知らせ 新着情報をRSS配信しております。

2017年4月13日  【登録講師が800名を突破しました!】

今後もより一層、優秀な講師の掲載に努めてまいります。

2016年1月13日  【システム障害のご報告とお詫び】

1/7〜1/13にサーバーのシステム障害によりサイトが正常に表示されない状態となりました。謹んでお詫びを申し上げます。

2014年6月23日  【登録講師が700名を突破しました!】

今後もより一層、優秀な講師の掲載に努めてまいります。

2013年9月13日  【講師絞り込み検索に都道府県検索を追加しました】

講師プロフィールおよび講師絞り込み検索機能に都道府県を追加しました。

2012年11月13日  【Tシャツつくろう研修】

価値観共有したいならTシャツつくろう研修をアップしました。

2011年1月31日  【研修堂公式メルマガをリニューアルしました】

「厳選研修プログラム100」として公式メルマガをリニューアルしました。右上フォームよりご購読下さい。

2010年9月10日  【講師お試しパックをリリースしました】

研修会社様向けに講師料0円の社員研修プログラムお試しパックをリリースしました!

2010年7月2日  【研修プログラムの掲載をスタートしました】

研修講師の「社員研修プログラム」の掲載を開始しました。中央の「新着の研修プログラム」または左メニュー「研修プログラム検索」よりご覧下さい。

2010年6月2日  【講師向け有料オプション機能を追加しました】

プロフィールのセルフ編集、URLリンク、著書掲載等をご利用いただけます。

2007年11月5日  【11/5 営業チーム強化セミナーを実施しました】

研修堂オススメの人気講師2名による体験型セミナーを実施しました。

 

「研修堂」がオススメする【厳選研修プログラム100】

業界経験10年超のエージェントが、オススメ講師の研修プログラムをインタビュー形式で解説。これを読めばプログラムだけでは伝わらないオススメの理由がわかります!社員教育の担当者・人事担当者・経営幹部は必見です!


インタビュー記事一覧はこちら 全ての研修プログラムはこちら


プログラム紹介

 

【エマジェネティクス体験/自己理解促進セミナー】

4色の脳で自分を知る! 脳科学をベースにした思考と行動の特性分析ツール
「エマジェネティックス」を活用して自分を知るヒントを掴みましょう

→研修プログラムを見る


講師紹介
中村 泰彦氏/有限会社ワイ・エー・エス代表取締役中村 泰彦(なかむら やすひこ)
有限会社ワイ・エー・エス 代表取締役

【コメント】オンデマンドラーニングという独自のスタイルで進行される研修で受講者と講師の相互コミュニケーションを重視した研修を行います。規模に関わらず、日本全国の研修・講演に対応させていただきます。
講師プロフィールを見る

インタビュー紹介

さっそくですがエマジェネティクス(EG)について簡単に教えて下さい!
 

「EG」とは脳科学に基づいて思考と行動の特性を分析するツールで、思考特性を4種類、行動特性を3種類に分類し、その組み合わせを考えることで、対人関係や仕事の進め方、組織分析などを明確に理解することができます。


思考と行動の特性についてもう少し詳しく教えて下さい。
例えばそれはどのように測るのですか?
 

特性はWeb上で100問の質問に答えていただく形で測定します。測定結果は プロファイルと言うレポート形式で表示されます。 思考特性については4分類の割合が円グラフで出ます。分析型、ディテール型、 社交型、コンセプト型の割合がそれぞれ青緑赤黄の4色で表され、行動特性につ いては自己表現性、自己主張性、柔軟性の3つについて、そのエネルギーの程度 一目でわかるようになっています。 http://goo.gl/EKBtS


何となく「あの人はこういうタイプ」みたいな感覚的な部分が客観的にわかるわけですね。
 

そうですね。例えば「自分は黄・赤の思考が優位性で、自己主張に関するエネル ギーレベルは高め」「彼は青い思考が優位で柔軟性のエネルギーレベルが高い」 というように、EGプロファイルの傾向で考えることで、相手とのコミュニケー ションの取り方や仕事へのアプローチの違いなどが明確に分かるようになります。

ただ、こういう自己診断系のツールはけっこう世の中にあるのも事実です。交流分析(エゴグラム)なんかは認知度も高いですし、あちこちの研修で使われています。このあたりはどのようにお考えでしょうか?
 

最も特徴的なのは【行動特性の考え方】だと思います。

思考は相手に見えませんが行動は誰でも見ることができます。ここをきちんと測定できるのが大きな特徴です。またエゴグラムとの違いという点では、エゴグラムは状況によって結果が変わることがあるのではないでしょうか。

一方、EGは脳科学に基づいた分析を行いますので「基本的に特性が大きく変わることは少ない」と考えています。

今回ご登録いただいた体験版について教えて下さい。
 

この体験版では理論の解説とアクティビティを通じてEGの考え方と特性の違いを体験いただくものです。通常の1日や2日の研修での導入部分で行う内容をメインとしています。

EGは具体的にどのように研修、または研修後に活かせるのでしょうか?
 

まず研修についてですが、コミュニケーション系のテーマ全般に応用が可能です。例えばチームビルディングでは思考・行動特性を考慮したグループ分けや違う特性との対応方法について学ぶことで、チーム力を劇的に向上することが可能です。

他に顧客の特性に応じた対応を考えるなど営業研修やプレゼンテーション、資料作りなど等の研修でも活用が可能です。

研修後の活用法については、チームで受けていただければそのままチーム運営に活かすことができますね。EGプロファイルはチーム全体の特性を分析することも可能ですので、チームの強みや弱みを分析するのに適しています。

過去に実施した例では、研修の中のディスカッションテーマにチームが直面している課題を選択し、その課題に対して各メンバーが特性を活かしてどのようにアプローチするかを検討しました。

他にも階層別で実施する場合に部下や後輩の指導やマネジメントを考えたりしたこともありますし、業種別の研修を実施する場合には営業活動における顧客対応などに活かすことが可能です。

どうも有難うございました。


ページの先頭へ