トップ > 研修プログラム > マーケティング研修





通販企業必見!!・新機能性表示食品対応の統計的検定



〜誰でも分かる!・ビックデータや科学的実証性に不可欠な検定理解〜



数学の知識のない方にも「理解しやすい・腑に落ちる」そして、「明日から使える」!
本当に役立つ講義資料の作成と実施が実現しました。通販会社にとって、死活問題ともなる
「新機能性表示食品」への対応を本講座で楽しく学んでください。



通販企業や食品メーカーの商品開発担当者、サンプルデータやビックデータで、科学性の実
証を行う必要がある担当者。特に、「統計的検定」を取り扱う方。



1日目
1.「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」の方

 1)基本方針
 2)科学的な根拠」とは?
※科学的な根拠のための用語解説
 .┘咼妊鵐
 ▲┘咼妊鵐垢料躪臉
 4隆眇芭鼎砲けるガイドラインによるエビデンスレ
ベルと評価
 UMIN臨床試験登録システム
2.基本統計
 1)正規分布
 2)標本誤差
 3)標準偏差
 4)標準誤差
 5)区間推定
2日目
3.統計的検定
 1) 統計的検定を学ぶ必要性
 2)帰無仮説と対立仮説
 3)帰無仮説の棄却とは?
 4)検定と正規分布
※ここからの検定で使用する用語解説
 5)検定の概要
 6)比率の標準誤差と区間推定の関係 
4.X二乗検定
5. 2つのグループにおける「平均値の差の検定」
6. 2つのグループにおける「比率の差の検定」
7.t検定
3日目
8.分散分析(3群以上の平均の比較)
※分散分析のための用語解説
 1)分散分析を理解するための構造理解
 2)一元配置の分散分析の具体的手順
 3) 「分散分析」の追加分析「連関分析」
 4)二元配置の分散分析の具体的手順
9.統計的検定の悩ましい問題
 1)サンプル数をいくつにするか?
 2)検定量とサンプル数の関係

3日目
10.エラボレーション
※サンプル数設定のための用語解説



貴社内での1日3時間(中休憩15分含む)を3日間に渡って実施します。講師料は交通費・宿泊
費などを除き19.8万円(税別)です。同一企業やグループ企業、又は複数の同業他社の受講者
でも構いません。(最大20名・1名追加ごとに5,000円)



ご存じのように、「科学性の実証」には、1)自社で機能性を実証する、2)機能性を実証して
いる学術論文を検索し引用するという2つの方法が存在します。しかし、一言でこれらを実
施すべしと言われても、「統計的検定」の理解がないと実証できません。やる気はあっても
難解な用語や数学知識の不足であきらめていた方には最適な講座です。




講師写真
野田昌太郎
株式会社ドライビング・フォース
この講師の他の研修プログラム一覧
絶対!分かる! 実践できる!実物で理解するマーケと商品開発



同じカテゴリの研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
新着の研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット


-->

Copyright © 2006-2008 Consulgent. All Rights Reserved.
経営コンサルティング紹介エージェント 株式会社コンサルジェント