トップ > 研修プログラム > 官公庁・自治体向け研修





不祥事防止の公務員倫理研修(管理職・一般職員)



毎年多発している全国の不祥事の中から意識啓発の参考となる事例をたくさん
紹介し、倫理意識の確立と向上を図る。



不祥事は人間の弱さから発生することが多い。それを「性弱説」と言うが、それを踏まえ
て管理職はどう対応すべきか。また一般職員もどう知識を習得し、意識変革すればいいの
か、「義務と責任」を踏まえて理解を深める。



自治体職員及び国家公務員全般



不祥事防止の公務員倫理(前半)
1 他人事と甘く考えるべからず
不祥事は誰もが油断していると犯してしまう可能性が
あることをいろいろな実例で説明する。
2 「性弱説」に立つべし
不祥事は人間本来の弱さ(性弱説)から起きると言わ
れていることから、全職員に対する絶えざる意識啓発
(研修等)が不可欠である。
3 IT化時代に多発する不祥事の特性
全国で多発している不祥事の実態・特性を踏まえ、そ
の原因を考えることにより倫理意識向上の必要性を理
解する。
4 非行レベルの考え方と内部告発
最近の国の取り組み、すなわち情報公開や公益通報者
保護法を紹介しながら不祥事根絶のシステム整備の動
向についても学習する。

不祥事防止の公務員倫理(後半)
5 公務の特性と市民の厳しい監視
公務員倫理は一般の職業倫理と比べなぜ厳しいのか。
市民の厳しい監視の目があってこそ倫理観の向上が図
られることを強く自覚しなければならない。
6 ノーブレス・オブリージェ
公務員倫理の基本構造と「ドントアプローチ・ドゥア
プローチ」の考え方を具体例を通して明確にする。
7 24時間365日公務員の「義務と責任」
地方(国家)公務員法の「三つの義務・二つの禁止・
二つの制限」と新たな禁止項目についても熟知する。
8 公務員倫理クイズ
クイズ形式の具体例で公務員の「義務と責任」の理解
を深める。
9 住民の信頼に応える心構えとは
一人ひとりの職員が確固たる仕事観を持ちモラールア
ップを図ること、かつ規律ある職場風土を形成する努
力を怠ってはならない。



研修時間は2?4時間・講義項目で調整しますが、
150000円?250000円プラス消費税が基本です。(予算により相談可能です)
交通費・宿泊費は別途



全国的にかなり研修の実績があります。
県庁職員出身の講師ですから、民間出身の講師ではわからない不祥事の背景等を踏まえて
要領よくお話しますので、わかりやすく大変好評です。またたくさんの不祥事事例を日々
蓄積していますので具体的に部下指導の参考に活用していただけます。




講師写真
合田 準
アットヒューマンコンサルティング
この講師の他の研修プログラム一覧
名言から読み解く切れ者管理職の必須マネジメント



同じカテゴリの研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
新着の研修プログラム一覧
前の10件 次の10件
尾身幸次/中村天風師の教えを実践・体得する《究極の成功書》『成功への実践』弥富拓海/賃金制度の作り方スターターキット


-->

Copyright © 2006-2008 Consulgent. All Rights Reserved.
経営コンサルティング紹介エージェント 株式会社コンサルジェント